ゼニカルダイエットの可能性

噂のダイエット薬ゼニカルの強力な痩せる作用と、肥満の原理をご説明します。

睡眠と肥満の関係性

平均、あるいは望ましい睡眠時間は7時間半から8時間です。
睡眠と肥満の関係性を数字にあらわすと、平均睡眠時間が4時間以下の人は7時間から8時間の人と比べて、70パーセント以上も肥満になる確率が高く、睡眠時間が5時間の人は50%以上、睡眠時間が6時間の人は23%以上も肥満になる確率が高くなります。
原因は、起きているときの消費カロリーより、食べる回数や時間が多いからです。
その他にも、空腹を感じるグレリンというホルモンと、脳にこれ以上食べるのはやめようと指令を出すレプチンというホルモンの関係もあります。
睡眠不足になるとグレリン が増え、レプチンが減っていくので、空腹を感じる事なく食欲だけが増えます。
睡眠が不足すると、コルチゾールというストレスホルモンも分泌され、インスリンの分泌を増やし、体内に脂肪が蓄えられやすくなります。
睡眠もただ長時間寝ればよいというわけでなく、9時間や10時間などの長時間睡眠は、眠っている間に呼吸が止まっている場状態になる無呼吸睡眠をひきおこしたり、寝てもすぐに起きてしまうという状態を何回か繰り返して、結局は仮眠の状態になり熟睡時間が短くなります。
仮眠ではなく、熟睡する事が肥満防止になります。