据え置き型浄水器の選び方

浄水器の選び方の基本って?

浄水器の利用が当たり前になりつつある中で、これから使ってみようと検討している方には選び方が分からずに適当に購入してしまうこともあります。

なんとなく装着しておくと良いのだろうというイメージもあるかもしれませんが、浄水器の機能は水道水をフィルターを通してろ過して不純物を取り除くという働きをするものです。選び方というと難しく聞こえがちですが、重要な部分はどんなろ過材が使われているのかを知り、どんな不純物をろ過したいのか考えていけば希望するものを見つけやすくなります。

いろんな所で名前を良く見かけますが、良く知られている素材は活性炭です。炭もいいイメージがある素材ですが、これまでも多く使われていて、カルキやカビの臭い、塩素やトリハロメタン、農薬を除去してくれます。活性炭のみという製品よりは、活性炭に加えて他のろ過材を組み合わせて機能を向上させたものが現在は良く使われています。中空糸膜はカビや鉄さび、濁り成分や一般細菌の除去をします。詰まりやすいのが少し難点ですが、活性炭との組み合わせで活躍中です。

似た素材にセラミックもあって耐熱性や薬品に強いものの、こちらも同じく詰まりやすいのが気になるところです。逆浸透膜も使われていますが、綺麗な水とそうでない水に分けてくれる力があります。浄水器の選び方に悩むときは、一度どのようなろ過材が使われているのかを確認してみて、予算や用途を考えて選ぶと失敗も少ないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *