据え置き型浄水器の選び方

失敗しない家庭用浄水器の選び方

家庭用浄水器を設置すれば、スーパーやコンビニで水を購入しなくても、簡単に美味しい水を使うことができます。

ですが、家庭用浄水器にはたくさんの種類があるので、正しい選び方で購入しなくては失敗することがあるので注意が必要です。家庭用浄水器の正しい選び方の基本になるのが、器具の種類を把握することです。何故なら、それぞれの特徴やメリットを把握することで、自分にあった器具がどれなのかがわかりやすくなるからです。

家庭用浄水器の中でも特に高い人気を集めているのが、蛇口直接型と据え置きタイプの2つです。蛇口直接型はキッチンの蛇口に器具を設置し、水道水をろ過していきます。器具のサイズが非常にコンパクトなうえ、簡単に設置することができるので、手軽に自宅でおいしい水を使用したい人に最適な選び方と言えます。しかしデメリットとして、フィルターのサイズが小さいことが挙げられます。

これにより数カ月に1回の頻度でカートリッジを交換する必要がでてきます。家族の人数が多い場合は、さらに交換頻度が高くなるので気をつけましょう。据え置きタイプは、キッチンのシンクにろ過器具を設置します。そのため、十分な設置スペースがいるうえに、キッチンのデザインにも影響してきます。けれど据え置き型は、ろ過機能が優れているというメリットがあります。塩素などの残留物質を取り除くだけではなく、機種によってはアルカリイオン水や軟水に整える機能もあるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *