据え置き型浄水器の選び方

性能を重視する人には据え置き式の浄水器がベスト

水道水の安全性は水道法によって担保されているために、日本国内で上水道が利用できる地域では水道水を直接飲用することにおいて問題が発生することはないとされています。

しかし実際には浄水場で殺菌時に使用する次亜塩素酸によるニオイが残っていたり、水道管内からはがれ落ちたサビが混入していたりと、満足のできる水準の水道水を利用できないとお悩みの方は少なくありません。マンションの高架水槽(貯水槽)では藻が発生していたり、不純物や雑菌が混入したりする可能性もあり、衛生面でも直接須藤水を飲むことに抵抗を感じている人はかなりの数にのぼります。そこで有効なのが家庭用の浄水器です。

フィルターに水道水を通してニオイ物質や不純物を除去することができる製品で、水道水をより安全で美味しい水に磨き上げることが可能です。安価な製品から高価格帯の製品まで、本体価格の幅の広いことも特徴ですが、高性能や高付加価値を求める方には据え置き式の浄水器をおすすめします。

価格の高い据え置き式製品には、逆浸透膜という極めて高性能なフィルターが搭載されているものがあり、価格帯の安い製品と比較すると段違いな浄水性能を発揮することができます。水の安全性も飛躍的に高まりますので、高級レストランやホテルでも採用されているケースもあります。その他にも高価格帯の据え置き式の製品は、スタイリッシュなデザインや電解水の生成など、性能を重視している浄水器が多くありますので、水にこだわりのある人にお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *