据え置き型浄水器の選び方

据え置き型の浄水器の欠点とは

据え置き型の浄水器は使いやすく良いのですが、実は欠点があります。

その欠点を理解せずに購入すると、後で後悔する事にもなりますので、きちんとその欠点を知っておく必要があるのです。据え置き型の浄水器、その欠点とは「場所を取ってしまう」という所です。シンクの上に置く必要がありますので、調理をする作業台などが狭い場合は、どうしても調理をする場所を取ってしまうので、作業がしにくくなります。そうなりますと、野菜を切る際に邪魔になってしまう事もありますし、食材を置く場所にも困ってしまうのです。

水道水を綺麗にする為とはいえ、それ以上にストレスが溜まってしまうと設置する価値がないようにも思えます。単純に調理のスピードが落ちてしまうのはかなりストレスになるのです。浄水器の中でも導入しやすく使いやすい据え置き型ですが、このような欠点があります。もちろん、この欠点が全然気にならない人にとっては何も問題はありませんので、これを購入しても良いのですが、シンクが狭くて置き場所に困ってしまう場合は購入する前に大きさを確かめておきましょう。

しかし、据え置き型は値段も約3万円~5万円と手ごろですし、カートリッジの寿命は1年ほど持つ物がほとんどです。取り付けも簡単で一般人でも出来ます。安定して使いやすいタイプなので、設置する際に場所を取ってしまうという欠点が気にならないのでしたら、かなりおすすめが出来る設置方式の浄水器となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *