据え置き型浄水器の選び方

据え置きタイプの浄水器の特徴とメリット

水道水を安全でおいしい水にろ過する浄水器は、もはや生活必需品の一つといえます。

取り付けが簡単な蛇口直結型、シンクの下に設置する高性能なビルトイン型などさまざまなタイプがありますが、コスパが良く浄水能力が高いといえば据え置き型の浄水器です。据え置き型浄水器はシンクの上に設置するため、場所の確保と取り付けが面倒と思われている方も多いでしょう。

設置場所が狭い場合は、コンパクトなタイプを選べば広いスペースを確保しなくても設置できます。そして設置もビルトイン型のような大掛かりな工事は不要、自分で手軽に取り付けられるタイプもあります。さらに重要なポイントは、水道水をおいしくて安全な水にろ過する性能です。据え置き型浄水器は有害物質のろ過能力が高いことが大きなメリットです。

本格的なビルトイン型には及ばないものの、同等の機能をもつ高機能なフィルターが使用されています。水素水やアルカリ水を作れるタイプもあるので、水の質にこだわりたい方にはぴったりです。据え置き型の本体価格は2万円から8万円、ビルトイン型は高額な製品は10万円を超えるので比較的リーズナブルな価格でといえるでしょう。カートリッジの交換が年に1回程度ですむ、コスパの良さも魅力。本体単価が安い蛇口直結型はカートリッジの交換期間が短いと、年に数回取り替えるため総合的にコストが高くなる場合があるのです。優れたコストパフォーマンス、そして高いろ過能力と高機能。据え置き型浄水器は、手軽な蛇口直結型と高性能なビルトイン型の優れている部分を併せ持っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *