据え置き型浄水器の選び方

据え置き型浄水器のメリット・デメリット

据え置き型浄水器は家庭用浄水器としてよく使われており、一般的にはシンク脇に本体を設置し、蛇口とつないで水道水を本体内のフィルターで浄化することで、浄水が供給される仕組みになっています。

据え置き型は、蛇口に直接取り付けるような簡易的な装置と比べると濾過能力が高いため、飲料用だけでなく、料理など幅広い用途で安心して使用できます。また、シンク内に取り付けるビルトイン型と比べると本体やカートリッジを安く購入することができ、設置に大掛かりな工事も必要なく、手軽に自分で取り付けられます。

このように、据え置き型浄水器はコストと性能のバランスが取れているという点が最大のメリットだと言えます。逆に据え置き型浄水器のデメリットとして考えられることは、どうしても設置スペースが必要となるという点です。

通常はシンク脇に設置するため、設置後はキッチンスペースが設置前よりも狭くなってしまいます。キッチンスペースがあまり広くない家庭では、設置後に邪魔になってしまうということも考えられるため、あまり向いていません。また、キッチン上の設置するため、本体やホース部分には様々な汚れが付きやすい点もデメリットだと言えます。汚れを放置すれば衛生面に問題が出てしまうため、頻繁に掃除をしなければならなくなるでしょう。据え置き型浄水器を購入する際には、自分が想定している用途に加えて、メリット・デメリットを考えながら検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *