立体駐車場には自走式と機械式の2種類があり、いずれも平面駐車場と比べて土地を有効活用できるというメリットがあります。自走式の立体駐車場は比較的広い敷地が必要なので、ショッピングモールや大型スーパーなどで採用されるケースが多く見られます。このタイプはドライバーが車両を運転して目的の階まで移動する点に特徴があり、一般的な道路や平面駐車場と同じ感覚で利用できます。機械式よりも入出庫が簡単で機械操作のための待ち時間が少なく、荷物も出し入れしやすいなど利便性が優れています。

自走式は開放性が高く津波などの被害を受けにくいため、災害時の避難場所としても利用できます。機械式は狭い敷地や複雑な形状の敷地にも柔軟に対応可能で、他の車両を気にせず集中して駐車できるというメリットがあります。自走式の方が階層を増やして収容台数を多くできますが、機械式も方式によっては多くの車両を収容可能です。限られた土地を有効活用して投資効率を高めたい場合など、機械式を選ぶとよいでしょう。

自走式の立体駐車場は利便性が高く、初心者ドライバーや運転が苦手な人も気軽に利用できます。ただし誰でも簡単に車両に近付けるため、セキュリティ性を高めるには監視カメラを設置するなどの対策が必要です。機械式は車両が装置内部に収容される構造なのでセキュリティ性が高いというメリットがありますが、性能を維持するためには定期的なメンテナンスをしなければなりません。自走式と機械式にはそれぞれ異なるメリットとでメリットがあるので、立地条件や用途に応じて最適なものを選ぶとよいでしょう。

立体駐車場のことならこちら