車による入場を想定するうえで駐車場というものは欠かせません。とはいえ、駐車場ばかりに面積を割くわけにはいかないので、どの程度の規模にするのかは悩ましいところだと言えます。そのため、たくさんの車を駐車するために、マンションや商業施設では立体駐車場と呼ばれているものを摂り入れています。立体駐車場には大きく分けて、自走式・機械式の二つのものが存在します。

どちらがより優れているというわけではありませんが、一番多く利用されているのは自走式だと言えます。自走式というのはショッピングモールなどでよく見かける何階にも構成されているものを指しています。自分で運転して駐車するというところから自走式というネーミングになっているわけです。この方法のメリットとしてはメンテナンスがほとんど必要がないというところが挙げられます。

基本的には平らな土地に車を停めるだけですから、特別メンテナンスが必要のないというわけです。お金がかかるとすれば照明の交換や電気代にかかる費用というところですが、最近ではLEDが普及しているということもあり、この二つはそこまで大きな問題なることはなくなりました。ただし、立体駐車場というのは規模が大きければ大きいほど混みやすいものです。そのため入場と退場をどのようにするのかを設計の段階で考えておかないと、周りの道路が混んでしまうことになり、近隣の住民に迷惑をかけることになります。

この点だけは要注意だと言えます。