イタチ駆除は人的被害が広がらないうちに行う

subpage-img

日本国内で、人間に被害を与えるは「二ホンイタチ」と「チョウセンイタチ」の2種類になります。

もともと本州などには生息していませんでしたが、毛皮を取るために人が持ち込んだことにより、全国へと広がってしまいました。

体長は約23〜30cm程度あり、体重は400〜800g程度となっています。
冬眠はせずに一年中活動し、春ごろに繁殖期を迎えます。

一度に2〜10匹を出産します。



雑食でカエルや昆虫などを捕食しながら生活しています。

イタチにとっても、人間の家屋は住みやすい環境となっているため、床下や屋根裏などに住み着いてしまう場合があります。

これが原因で人間に与える被害として、騒音があります。

ネズミの3倍もある身体で移動するため、音が大きく人間などの睡眠を妨害してしまいます。



次に悪臭です。
イタチのフンや尿はとても臭いがキツいことで有名です。肛門に悪臭を出す分泌腺があり、近づいた相手に吹きかけます。



これが「イタチの最後っ屁」と言われる由縁です。


溜まった排せつ物からの悪臭が家中に漂ってしまう原因となり兼ねません。
イタチ駆除を行わないと、騒音・悪臭の他、人間への感染症の被害も考えられるようになります。

体内に多くの病原菌を保有しているため、人間への呼吸器系への悪影響を及ぼし、アレルギー症状に苦しめられる可能性もあるのです。
イタチ駆除は販売されている忌避剤などによって自分で行うことも出来ますが、再侵入を防がなければ堂々巡りとなってしまします。専門のイタチ駆除会社に依頼し、付いてしまったニオイから取り除くことが大切です。

top